「ほっ」と。キャンペーン

smile 自然の散歩道

久しぶりのヤーコン

 はじめてヤーコンに出会ったのは家和楽。
たくさんいただいて宅急便で送ってもらった。
不思議な食感。ちょっと甘みがあって面白い味。
めずらしくて、貴重なものをいただいた。

あれ以来、こちらのスーパーなどで見かけなかったのですが、
先日、娘が、職場でいただいてきた。
何でも、一度食べた方が、とても便秘によくきくとのことで
分けていただいてきたのです。

まあ、懐かしい、珍しい。。。。
早速金平にしてみました。


c0098786_2357086.jpg



シャッキ!としてちょっぴり甘く、おいしかった。
このあたりでは、豊能町で作られているらしく
健康野菜として売り出しているらしいです。


c0098786_23574386.jpg



アンデス原産のキク科の植物。
やはり便秘整腸作用に効くと書いてあります。
このヤーコン、日本では茨城で作られたのが最初のようですね。
道理で、、、、茨城ではたくさん栽培しているんですね。
[PR]
# by mornbell117 | 2009-02-11 23:41 | 雑談

人懐っこいお客様 ジョウビタキ

 長い間、畑に行けなかったら、草がぼうぼうになっていた。
イチゴのマルチかけ、えんどう豆(今年はツタンカーメンを植えている)の
霜よけ・・・と手入れをするにもまず、草抜きをしなければならない。

 無耕起農法というのがあるらしいが、
草も抜かず、耕しもしないという農法には
まだ馴染まない。土をやわらくしないで、立派なダイコンが
できるなんてど根性大根だけじゃないの?と。
楽チンな自然農法に、
俄かには信じられない私。

土を耕すのも気持ちのいいもんですと
鍬を振り上げ頑張っていたら

今年はじめてお目にかかれました。
人懐っこいお客様がやってきた。
少し長いと思うくらいゆっくり過ごしていった。
この鳥は、逃げてもまた、もどってくるんです。

目がなんとも言えずかわいいですね。
雌一羽。


c0098786_23241442.jpg




c0098786_2325223.jpg




c0098786_23254223.jpg




c0098786_2326383.jpg

[PR]
# by mornbell117 | 2009-02-11 23:28 |

梅一輪一輪ほどの・・・・

 このところ、3-4日ごとにお天気が変わる。
よく雨も降りましたが、昼間は暖かく風にあたるのが
気持ちが良いくらい。
節分も過ぎ、暦の上でも春ですね。

久しぶりに庭に出てみる。
白梅が次々と花をつけている。


c0098786_22181536.jpg



c0098786_22184661.jpg



c0098786_22191269.jpg



c0098786_22194149.jpg




下方に目をやると
水仙もいっぱい花をつけている。
忙中閑あり・・・
こんな日もいいものですね。


c0098786_22201488.jpg



c0098786_22211147.jpg

[PR]
# by mornbell117 | 2009-02-05 22:23 | 草花・木

空から見えた景色 2

 遠くに明石大橋を見て、芦屋浜沖で、大きく旋回した
飛行機は中部地方に向けて飛びます。
15分くらいとんだ頃でしょうか。
眼下に突然見えたのは、真っ白に輝く山々・・・


c0098786_23401426.jpg




c0098786_23424148.jpg




これが白山連峰です。それまで注意して外を見ていなかったので思わず

身を乗り出してみましたら、とても大きい湖。


c0098786_2354668.jpg



これが御母衣湖というのは、あとでグーグルアースで調べて知ったのです。



c0098786_23563148.jpg



庄川の上流をせき止めて建設されたダムによってできた巨大な人造湖
御母衣湖。
この湖底に沈んでしまうことになる見事な枝振りの庄川桜を
当時桜博士と呼ばれた笹部新太郎さんが移植したのはあまりにも
有名である。この笹部新太郎さんの家が神戸の岡本にあり、庄川桜も
植えられていた。
その邸宅跡地が神戸市に買い上げられ桜守公園となり笹部桜といわれる
この庄川桜が植えられ季節が訪れると市民を楽しませてくれる。

そんな物語のある御母衣湖を空から見ることができた。
素敵な旅の始めの1ページを印象深くしてくれた。
このあと、
飛行機はどんどん高度とスピードをあげ、日本海を一飛び
シベリアの空を飛んで行きました。
[PR]
# by mornbell117 | 2009-02-03 23:31 |

空から見えた景色1

 空のたびでは、必ず窓際に席をとる。
今回はとてもよく晴れていて、空から見る景色を堪能した。

ヨーロッパまで最短距離とうたうフィン・エア

関空を発つと、飛行機は、西へ向けて飛び
芦屋浜沖で進路を北東に変える。

眼下には左に淡路島、右手に芦屋浜沖の埋立地が見え
奥に、淡路と本州にかかる明石海峡大橋までが一望に見渡せた。
この景色は離陸して5分から10分くらいで見えた景色。
高度は約3750メートル、外気温ー13度。


空からの大阪湾。東は広いが、淡路と舞子の間は約4キロ。
海と山が迫って昔から風光明媚な名所であり、
今は明石海峡大橋が新しい景色を作っている。


c0098786_1231280.jpg



c0098786_1223524.jpg




一方、下の写真は、その1週間前神戸空港を飛び立ったANA機から
撮った須磨海岸。高度が低いので浜の様子がはっきり分かる。
30年位前に、ワイキキの浜を真似て養浜した。
上方や、左手には山を削って作った団地がある。
山の南側が旧市街であるが、山のふもとまで
住宅がぎっしり・・・・。

c0098786_1144352.jpg


この飛行機は神戸から赤穂まで飛びそこから
進路を東にとり、東京へ向かう進路をとっていた。

わが町を空から見た感動を記憶に留めたくアップしました。
[PR]
# by mornbell117 | 2009-01-31 23:10 |